ETCカードって審査がゆるいっていうのは本当?申し込みはどうする?

ローンやETCカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払い期日などが守られているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているETCカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますがカード会社を選べば即日発行も可能なことがあります。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

買い物に行った時に便利なETCカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてETCカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

ETCカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申し込みに対して、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

最近ではETCカード払い限定のチケット販売があるので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

ETCカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

場合によってはETCカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ETCカードの申し込みで審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

参考:ETCカード複数枚は?おすすめクレカはこれ【メリットある?】

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでETCカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

よくCMなどで見るETCカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。