赤字でも経営者住宅ローンに通るには?

経営者住宅ローンを利用する場合には、まず大前提として経営されている会社の経営がきちんと黒字になっているということが必要になります。
赤字続きの会社であれば、経営者住宅ローンを貸し出す金融機関も返済が見込めないという判断をしますので審査には通らなくなってしまうのは当然だと言えるでしょう。
ただ、状況によっては赤字をつけてしまっていても審査に通るケースというのもあるのです。
たとえば、赤字の金額が経営者の報酬内に収まっているという場合や、直近三期分の中で一期だけが赤字になっており、残りの二期は大幅な黒字を出しているというような場合です。
しかし、赤字でも経営者住宅ローンが通るケースというのは稀なケースですので、基本的にはしっかりと黒字にして経営が安定している状況で申し込みをするのがベストです。
住信SBIネット銀行人気の理由は?住宅ローン研究!【金利が安い?】