看護師不足で看護師の求人多い?転職で理想の職場は見つかる?

看護師の資格を取得するための国家試験は、年に1回実施しています。
看護師不足が問題だとされている日本にとっては喜ぶべきことに、ここ何年かの看護師資格の合格率は90%前後と大変高い水準を維持している。
看護師の国家試験は、大学入学みたいに落とすための試験ではなく、一定ラインをクリアできれば合格する試験です。
この前、転職をしました。
仕事の楽そうな職場だったのに、どうしてなの?とその理由を聞いてみると、「とっても暇だった。
より一層バリバリ仕事をしたい」ということでした。
出来ることなら働きたくないと考える人が多い世の中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。
いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは大事な職務です。
日頃、厳しい現場で看護の仕事をしていれば、強すぎるストレスにつぶされてしまうケースもあります。
看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、緊張感に晒されることもたくさんあり、ストレスをなんとか消化させる工夫も重要です。
職場に勤めている看護師は、数万人いますが、それとは対極的に、資格を取得していながらも、仕事に就いていない人が五十万人以上いると推測されています。
全国で四万人もの看護師が足りないとされているため、その五十万人の中の、ごく少数の人でも就職できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。