複数社で借金をする場合には総量規制の対象になります

キャッシングを複数社で利用する際には総量規制の対象になってしまうため、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申請しなければなりません。
消費者金融会社がこのような規制を設けているのはなぜかというと、キャッシング利用者が多額のお金を借りることを防ぐためで、その額は年収の額によって変わってきますから、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、判断しなければなりません。
キャッシングとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかしっかりと理解できていないという人も珍しくありません。
それぞれのサービスの特徴としては、小口融資を受けるのがキャッシングですが、数十万から数百万円まで、大きな金額を借りることができるため、分割で返済するサービスをカードローンと呼びます。
審査については、借入限度額の低いキャッシングの方が緩いことが多く、カードローンは厳しい審査をパスできなければ利用できません。
お金を借りるには申込と審査が不可欠です。
にもかかわらず、近年は即日という業者がごく当たりまえの時代になりました。
CMで名の通ったカードローンの会社ではすごいところで30分や、長くて3時間もあれば融資金を手にできるというのが珍しくないのです。
こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。
サービス利用者の減少や審査項目の簡素化などのほかにも、昨今の迅速化の背景にはわけがあると思います。
ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。
いずれにせよ多忙な勤労世代にとっては大きなメリットがあると思います。
お金が急に必要になりキャッシングを利用したい場合でも債務整理中だからお金の借り入れはできないと諦めている人も多くいると思いますが、諦めてしまうのは早いようです。
きちんと調べてみると債務整理中であったとしても金融機関の中にはお金を貸してくれるところも存在します。
諦めるよりまず探してみると良いのではないかと思います。

総量規制対象外消費者金融