住宅ローンの審査が甘いのって本当?

経営者のための住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。
しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。
という話もよく聞きます。
選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも受け付けることができます。
けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。
という甘いものではない事を心しておくと良いです。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅ローン審査甘い?緩い?厳しい?【審査通りやすい銀行はこちら】